読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012年の手帳はクオバディス

 書店などに手帳が並び始めると「来年の手帳はどうしようかなあ・・・・」と毎年悩む。
 

 本やノートなどの紙物(という言葉はあるのかな)が好きなので、中学高校の頃は色々書き込める手帳を好んで買っていた。今思えばそんなに書き込むこともなかったんだけど。
 社会人になってから最初の数年はほぼ日手帳を買っていたんだけど、毎年全然使いこなせていなかった。一応会社員なのでミーティングとかイベントとかあるんだけどそれすら書き込まない。覚えていられるぐらいの頻度でしか予定が入らないので、備忘のために会社の卓上カレンダーに書き込んで済ませてしまっていた。で、数年前からは「数千円出して手帳買うことないじゃん」と開き直り、見開き1ヶ月マンスリータイプの薄い手帳を使い始めた。まあ、これでもまだ私の中で存在感が薄くて、一度カバンから出したまま1ヶ月ぐらい家に置きっぱなしでも支障なかったりしていたんだけど。

 そんな私ですが今年はクオバディスです。
 中川政七商店とのコラボレーションの麻製カバーがかわいい。赤とどっちにしようか散々迷ってこの色に。

クオバディス×中川政七商店

 見開き一週間のバーチカル式ダイアリー。

クオバディス×中川政七商店

 マンスリーダイアリーすら使い切っていなかった私がなぜクオバディスを選んだかというと、予定を「忘れないように記録する」ためだけでなく、「立てる」ことにも使ってみようと思ったから。私は家事も仕事も1週間のリズムで予定を立てることが多いので、バーチカル式ダイアリーの形状が合っていると思う。ほぼ日手帳はとても魅力的な手帳だと思うけど、1日1ページはちょっと私には多すぎる。
 ぼんやりしていると職場と家の往復で一日終わってしまい、ちょっと忙しくなると家事を投げ出して家が荒れるのが私(というか我が家)の傾向なんだけど、家事も「仕事」の一部として予定を立ててみたら少し上手く回せるんじゃないかなーと考えた次第です。
 とはいえ仕事と違って家事には責任がないので、優先度は低めに設定されてしまうとは思うんだけど。
 
 今年使いこなせなかったら、来年の手帳はまたマンスリーに戻そうと思う。
 さてさてどうなるかな。